建築バカ(法政大学卒業設計)

前田紀貞建築塾:「卒業設計コース」 http://bit.ly/t8Xfnw mixi:前田紀貞建築塾:「卒業設計コース」の公開 http://bit.ly/Rq8Iqi mixi:前田紀貞建築塾:「卒業設計コース」 http://bit.ly/URdR7A ***************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧米に土下座する建築

先日、15日のブログで「構造計算書偽装問題」を書いた際、「良い機会なので、この際に建築界の汚い膿(ウミ)を出し切った方がよい」というコメントをしました。 でも僕は、「構造計算」とか「建築審査制度」の話のみならず、もっと他の視点に於いても、「今の建築界の未成熟な部分」が浄化されないといけないのだろうなあ、と最近とみに増し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕にとっての自動車

今日は自動車の話です。 パソコンテレビ:GyaO(ギャオ)で久米宏さんとの自動車対談見れます。 「久米宏のCAR TOUCH ♯2」 http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0009532/ ※ただし、接続できるのはウインドウズパソコンのみです。悪しからず・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

構造計算書偽造事件

新しい年が明けました。 昨年は建築関係者にとって、構造計算書の偽造事件はとても衝撃的な出来事だった筈です。 昭和25年に建築士法が制定され一級建築士の免許制度ができてから半世紀が経ちますが、その間、設計という職能に於いて「偽造」なるものが行われるなどとは、誰も想像すらしていませんでした。 しかし、今になって思えば、そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FONTANA

沼津にある住宅【FONTANA】が竣工しました。 詳細は以下URLで。 http://www5a.biglobe.ne.jp/~norisada/%91O%93c%8BI%92%E5%83A%83g%83%8A%83GTOP/works/houses/FONTANA/concept-FONTANA/concept-FONTA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文学空間と建築空間

昨日、事務所でスタッフの誕生会をやっていた時、昔のスタッフである櫃割(ヒツワリ)弘文君が駆けつけてくれました。 櫃割君は、僕のところにいた時には、「DEVICE ♯9」※などの仕事を担当してくれていたのですが、その日は、最近、彼がハマっている短歌を紹介してくれました。 ※「DEVICE ♯9」のURL http://www5a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポンコツ自動車 と ピカピカ建築

雑誌を見ていたら、ひとつの鞄を作るのに注文受けから納品までに3年かけているイタリアの靴屋の記事を見つけました。 凄い贅沢だ・・・・・ 何が?って、たったひとつの鞄にそれだけの時間を費やせること、そしてその3年という時間が「無駄」とか「待ちきれない」とかいうちっぽけなことでなくて、逆に持ち主には後々までの神話にさえなってしまうく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チン!!

電子レンジで料理ができた時、どうして「チン」なんだろうか? おまけに「チンする」なんて言葉まであるし・・・・・・。 でも、「電子レンジ=チン」みたいな図式こそ、「常識」と呼ばれているものなんだろうなあ・・・・・と思います。 もし、お笑い番組で「電子レンジを使ったコント」なんていうのがあったら、絶対にこの「チン」が「標的」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塀の中の懲りない建築家

前回、映画の話が出たので、その続きです。 僕は学生だった時分、ヨーロッパ映画(+昔の日本映画)以外、あまり観ることをしませんでした。 ゴダールの映画をPLAY→STOP→PLAY→STOPしながら自分で脚本を作ってみたり、タルコフスキーの映像をまるごと巻き戻しPLAYで超解釈にトライしたり、小津の台詞書き留め用のノートを何冊も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下妻物語

先週、「下妻物語」(映画)を観ました。非常に新鮮でした。 中島哲也監督は、「ただ面白いモノを作りたかった」とひどく軽いコメントをしていましたが、実はその「面白いこと」の中に、僕にとっての「目から鱗」は散りばめられていました。 「“俳優”って何?」ということで。 自分にとっての演劇・映画の基は、いつもアングラ的でした。 例え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流れゆくもの

1年のうちで、ほんの数日だけですが、特別に風の感触がいつもと違う瞬間があります。 昨日の夕方がそれでした。 何が特別違うのかもわかりませんが、そういう時には決まって、風はある「昔の記憶」を運んで来てくれるものです。それも明確なものなのではなく、なんとなく輪郭の定まらない、ふんわりとしたものです。 それは、笑気麻酔を施された時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思考の加速度

「どうしてヒトは(仕事で)失敗を繰り返すのだろうか?」ということを考えます。 それに関して、今日、いい言葉を見つけました。「思考の加速度」という言葉がそれです。 例えば、仕事での失敗とは、「伝達のあった事項が守られなかった」というような場合に発生します。 上の者から、「~~を頼むよ」と言われたとします。その後にそれを受けた当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強いもの/弱いもの

日本の建築界ではこのところずっと、「弱い建築」が注目を浴びています。 「軽い建築」「透明な建築」などはそれの仲間です。 こうしたものが出てくる背景は、建築の分野だけでなく、音楽や文学、アートや車など、その他、今の社会的背景からも影響があります。情熱の充満した暑苦しく重量感ある男性的なものより、涼しげで軽やか、スマートで女性的なもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家のスケッチ

今日は、某出版社から出版予定である「建築家のスケッチ(仮題)」という本の原稿の準備をしていました。 しかしいつも言うのは、物造りの人間というのは、机の前でスケッチブックに向かう時だけが創造の瞬間ではない、ということです。 それよりも、それ以外の何気ない時間、魚の骨を取っている時とか、台風のニュースを見ている時、郵便局まで歩いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は中国に勝てない?

昨日、久しぶりに出席した飲み会で、「経済競争で日本は中国に勝てない」という話が出ました。 要点は、「不良品」に対する両国の姿勢の問題です。 日本の生産システムに於いて、「不良品」というものは、完璧なゼロは不可能にせよ、「限りなくゼロに近づけられるべきもの」という認識の基、企業努力されるのが常です。一方、中国の生産システムの中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家とホステス/ホスト

今日はすこしばかり体調が悪く、事務所の休憩室で仮眠を取りながらテレビを観ていたところ、二条夜子さんという夜の社交界の女帝の半生が特集されていました。 それで思い出したのですが、数年前にやはり日本のナンバーワンホストの特集もテレビで目にしたことがあります。 いずれにしても、そこで言われていた成功の秘訣はひとつだけ、「相手の立場になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「運動」の美しさ

土曜日に、現在手掛けているプロジェクトで「上棟」が行われました。 「上棟」とは、建築物の柱と梁の「骨組み」を組み上げる作業のことをいいますが、それがいつもの現場作業と異なるのは、朝には何もなかった敷地に、夕方にはもう目に見える形で「骨組み」全体が立ち上がってしまう、という点です。 なによりもその風景の移り変わりの速度が速いので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「論理が絵になる」ということ

よく「論理的」だとか、「筋が通っている」、ということを僕は口にしますが、これは、言葉で考えてゆく道筋が理路整然としている、ということです。 理路整然としているから、他人と共有できる土俵の上で話ができ、頭を動かすことができるようになります。 論理の筋が通っていない場合、それは独り言(モノローグ)に終わってしまい、自分の中でしか通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間が起こす巨大地震

先日、東京に震度5の地震が起こりました。 地震というのは、人間の力ではどうしようもないもの、そう思われています。 でも、ひとつの説として、10年前のあの「阪神淡路大震災は人災だった」というものがあります。 この説の真偽は全く定かではありませんが、ちょっと興味深い推測ではあります。 あの大震災(1995年)の1年前の19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京理科大建築学科 3年生 課題最終提出-1

昨日、理科大の設計課題の最終提出がありました。 写真は最終選考に残ったものです。 課題内容は、新大久保と新宿の中間辺りの雑多な街の中で、付近の無国籍性を背景にした施設を造ることが求められました。 設計期間は2カ月です。 写真左:高野健太 案 写真右:横倉美佳 案                           …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引渡しの寂しさ

昨日、宇都宮のO邸-MALIBU-の引渡しがありました。 建築家の引渡の日の気持ちというのは、本当に複雑なものです。 今まで長い時間をかけて手塩にかけ可愛がってきた最愛の娘を嫁にやる、正にそんな気分です。 我慢しても我慢しても、目頭が自然と熱くなってきてしまいます。 寂しいものです。 事務所に戻ってきても、そのことばかり考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無意味な題名

いつも造った建物に題名を付けます。 そして、それには重要な意味があります。 「CIRCUS & CIRCUS」、「THEN?」、「MALIBU」、「Knockout the moonlight」、「DEVICE ♯9」、「FLAMINGO」、「VALKYLIE」・・・・等々です。 他にも沢山ありますが、大方の場合、基本的に題名に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私」を消すこと

物造りというと、「私がこう考えたから」「僕がこう感じたから」という、強い自己主張から出てくるものと思われがちです。 最初のうちはそれでもいいかもしれません。 でも、ある時間を経過すると、大切なことは実はその逆でもあって、「私を消す」ということが物を造る際にとても無視できないことなのだ、と感じるようになります。 「私が・・・・」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の作った形は必然的ですか?

【コンセプト】(頭で考えたコト)と【形】(手によって作られたモノ)の関係にはいろいろなレベルがあります。 勿論、前者はフィクショナルなもの、後者はリアルなものですから、前者から後者への「翻訳」の段階で明らかに「誤差」が生じて来ます。 でも、よく学生などに見られる事態に、「そのコンセプトなら、別にその形でなくてもいいんじゃない?」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法政大学3年生:設計最終案-1

火曜日に法政大学建築学科の設計課題の最終提出がありました。 写真左:久松純子 案 写真右:梅岡佐知子 案                                    前田紀貞
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛を治すように建築を造ろう

一時期、僕は腰痛に悩まされたことがありました。そして病院へ行くと言われるのは「シップをして安静にしていてください」でした。 そこである時、ちょいとうさんくさいなあ?とは思いつつ、整体の医院に行ってみたことがありました。ところがどっこい!これがあまりにびっくりでした。 行きがけは、松葉杖で這うようにして行った筈だったのに、治療後の帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒部第四ダム

かつて黒部第四ダム(黒部ダム)を訪れた時の、感触を今でも忘れることはできません。 それは脳味噌の中に、震度7の巨大地震か伊勢湾台風クラスの嵐が突然襲ってきたような、まさにそんな感じでした。 言葉が出る前に、心がダメージを受けました。 黒部ダムは、総貯水量2億トンという想像を絶する水量を、恐怖感さえ覚えるような「高さ186m」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛細血管の建築

ビートたけし氏の本を読んでいて、共感できる文章を見つけました。 松本人志氏(ダウンタウン)のことを、漫才ブームの後にやって来た人という位置付けの基、「いい意味での“オタク”」だと表現されていました。 「おいらの頃は巾の広い本流があって、(漫才も)もっと太かったんだけど、今の時代は、それがなくなって支流だけになってしまっているだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「脱力」の美学

昨日、ブルース=リーの「Be like water」の話を書いていたら、偶然にも今日、東京理科大の同僚である大野泰史さん(鹿島デザイン)が同じような話をされていました。 大野さんは、現在、剣道七段です。僕も多少は剣道をやっていましたから、七段くらいのレベルになると、単に技術的に上手いとか下手とか、そういうものだけで判断されるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一筆書きの人生

「一筆書きの人生」に惹かれます。 波乗りには、「ショート」ボードと「ロング」ボードがあります。 「ショート」は短い板でアクションを入れつつ前後/右左への急激な動作の変化を楽しむもの、反対に「ロング」は長い板でゆったりとアウト(沖)から岸までの一直線の流れを感じるものです。 波に乗る時は、「波のエネルギー」を「波に乗せても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死を覚悟した瞬間

前田紀貞アトリエのホームページ:「エッセイ」を徐々に再開していますが、今日、また新たに再開しました。 21章:「死を覚悟した瞬間」です。 http://www5a.biglobe.ne.jp/~norisada/%91O%93c%8BI%92%E5%83A%83g%83%8A%83GTOP/ESSEY/essay21.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

提出1週間前:法政大学建築学科 3年生 -1

法政は今日が作品の提出1週間前でした。 課題は、銀座の「ソニープラザ」の敷地に、新たに「Macintosh」のショールームを計画するというものです。 制作期間は2カ月です。 全員、相当、気合いの入ったものとなっていました。図面が見せられないのが残念です。 最終提出の成果品の画像は来週アップします。          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日大作品-1(海洋建築学科 2年生)

今日は、日大の1学期後半の設計課題提出日でした。 今回のものは、下町の月島の辺りの「川沿いに建つ住宅」です。設計期間は2カ月間でした。 今晩はもう全員爆睡していることでしょう・・・・・。 よく頑張ったな!!!                                    前田紀貞
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男のスイッチ/女のスイッチ

「お産の時、女性はどうしてあれほどの苦痛を経験するのか?」ということに関して、今日、事務所のスタッフから興味深いことを聞きました。 ひとつの新しい命がこの世に生み出される訳ですから、もしかしたらあれだけのことがあっても不思議ではないのかもしれませんが(それを知らない男が無責任なことを言ってすみません・・・・)、ひとつの説としては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリギリの自分

先日の講義の際、ある学生が浮かぬ顔をしていました。進めていた設計の案に行き詰まったからのようでした。 その後改めてもらったメールに、「またちょとだけ設計が楽しくなった」と記してありました。 「何とか目の前の扉をひとつ開けたな」と、ちょと嬉しい気分になりました。 僕は学生達に「知識」だけを学んで欲しいと思っている訳ではありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more