前田紀貞の建築家ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 接道していない敷地に建てた家(完成)

<<   作成日時 : 2017/06/07 10:00  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



















前回のブログ( http://bit.ly/2ryYav8 )で工事がスタートしたことをお伝えした「古い木造住宅(昭和34年)」が完成しました。


画像

























実はこの昭和34年築の住宅、クライアントが昨年新たに購入したものです。
昭和のあの時代のあまりにものノスタルジックな佇まいに圧倒され、
一目惚れで手に入れてしまった、という訳です。

ただ…………この住宅、
                                             なんと「接道」していません(未接道)……。


つまり、建築基準法的には「新築不可」ということなのです。

しかしここでは、

1:過去からの通行権(囲繞地通行権)が認められていたこと
2:新築ではなく改築


であった為、
こうしてリニューアルして住まうことができるようになりました。

無論、耐震補強も基礎から木構造までしっかり実施しています。
それでもの時の為の御愛嬌の「シェルター」も以下の通り。(強い揺れの時にはスチール構造で補強された“押入シェルター“に入ります。このスチールパイプは基礎のコンクリートから堅固に支持されています)。

画像


















今後の住宅事情を鑑みますと、
こうした「古家」や「空き家」がこれから相当数発生してくることは間違いありません。ですので、かつての様に「とにかく新しい家を建設」というよりも、こうしたもの(空き家改修)の方が遙かに時代的であることは間違いありません。
かつて、エルンスト・フリードリッヒ・シューマッハーという人が書いた『スモール・イズ・ビューティフル』という本が一世を風靡しました。1970年代のことです。
が実は今、日本の人口が2006年を境に増加から減少に転じてしまったことを考えますと、いつまでも「強く」「大きく」「生産」「増産」ばかりではないことがこれからの要となってくるでしょう。加えて、原発という増産時代のシンボルなども311以降に相当変わってきています。
「本当に豊かであるとはどういうことなのか」について、しっかり考える時が昨今であると思います。そんななか、少なくない人達がかつての(増産時代への)ノスタルジックで幸せな昭和の風景に憧憬の想いを描いていることも確かです。

というなかで、
ちょっと違った目で不動産を見たり、ちょっとだけ工夫したりすると、
東京の一等地(中野区)にサラリーマン平均年収の3年分程度で「土地」と「ジャグジー付きの家」が手に入ることもあるわけです


画像















画像



















そうした趣向や目を持っている人には、今回のミノムシプロジェクトは新しい住宅取得の在り方だと思うように、
僕自身がなりました。

今やっているまちづくりプロジェクトのヒントにもなるようにも思えています。
減産してゆくこれからの都市の在り方として、今までの増産時代に作ってきてしまったものが余り溢れる時代のなかで、もはや大規模住宅開発や大きな都市施設を建てたりする様な方法ではないこれからの「小さなまちづくり」として。

ちょっとだけそれについて言えば、例えばこの(未接道)ミノムシ、
隣に「空き家」があるのですが、その空き家がなんと「接道」しています!!
つまり、その空き家をうまくこのミノムシと繋げることができれば(購入する等)、この家にはまた新しい展開があるのです。そんなことを実はちょっとだけ密かに、目論んでいます (-_-;)。

(未接道)ミノムシの住人はこれから比較的アクティブに生きていく世代ですが、その「空き家」はもしかしたら既に、自分たちの人生設計での減価償却が終わってしまった世代のものかもしれません。

今の東京には、こうした様々な事情のなかで作られたり、壊されたり、或いは用途が変更になったりする建築が散在しています。

それらを、ある(弱い)ベクトルのなかでうまく互いに接続したり、関係付けたり、方向付けすることができると、
これからの減産する都市のひとつのビジョンになるのではないかと感じます。

ひとつひとつは意味を持たない、或いは 対都市のクオリティーとしては不合格なものも、
それらが関係付けられた時に、合格圏内に入ってくることもあるという扱いです。


それについてはまた改めて書きます。
※参考:寺子屋ワークショップ2017(モバイル食堂×まちづくり)特設HP http://bit.ly/1fyrDMu


※担当 :徳丸裕規(前田紀貞アトリエ)

※写真:白石隆治(STUDIO DIO)

※flickr(ミノムシ): https://www.flickr.com/photos/nmaedaatelier/albums/72157674009042873

■建築家 前田紀貞

【前田紀貞アトリエ一級建築士事務所 HP】



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
接道していない敷地に建てた家(完成) 前田紀貞の建築家ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる