前田紀貞の建築家ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供の家(ORANGE)竣工

<<   作成日時 : 2014/07/23 14:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

僕達の新しい住宅(ORANGE)が竣工しました。

プロジェクトの経緯は以下より <(_ _)>
http://maeda-atelier.com/usp/04.html

画像


















・竣工写真     :http://bit.ly/1jSscSv
・オープンハウス写真:http://bit.ly/U3BkaC


ORANGEは、子供たちが「産まれたままの純粋な感性で世界と接することのできる空間」として構想されました。それは、僕が大学時代、現象学的空間や存在論的空間の研究をしていたことにも理由があります。
人がどのように空間を認識するようになるのか、しかしながら時間が経過するにつれてどのように紋切り型のつまらぬ目へと変質してしまうのか、ということへの大きな失望やそれへの異議申しがその根にありました。

「はじめて雨を見た赤ちゃん」という動画があります。http://bit.ly/1b5xUMO
通常、雨というものは大人にとっては“冷たく不快なもの”ですが、それを初めて見る赤ん坊にとっては、キラキラ輝く生の世界(雨そのもの)以外の何物でもありません。子供たちにとっては“楽しくて仕方ない世界”、つまり“雨そのもの”と接し世界そのものを喜んでいるのです。
僕は、建築空間もこのように、日常生活のなかでいつまでもキラキラしていて欲しいと願います。「見慣れてつまらない住む為の機械」でなく、「空間そのもの」を感じてほしいということです。
ORANGEには、そこに住まう小さな二人の子供たちがいつまでもその純粋さを失わないように、という願いが込められています。

先日、東京で内覧会を催した際の映像が下のURLから見られます。http://bit.ly/U3BkaC
この日訪れてくれた子供たちは、本当に生き生きしていて、自分たちが意図した様が現実になっていることを確認することができたと言っても過言ではありません。

画像

















画像









因みに、このプロジェクトの不整形な形態は偶然に出来上がったものなのです。初期スケッチの際、事務所スタッフが建築模型を作る熱線カッターに直方体の塊を回転しながら遊んでいたのですが、それをそのまま建築にしてしまったのがこのORANGEです。
そこには、「洗練した建築デザインをしよう」等という崇高な意図など一切ありません。知性による高級な教育を受けた頭で緻密に計画されるのではなく、偶然に無心に無垢に純に遊ぶ、という大人自身の行為、「子供の家」の種とは実はそんなところにあるのです。

画像













建築家 前田紀貞

【前田紀貞アトリエ一級建築士事務所 HP】


担当:白石隆治(前田紀貞アトリエ)
構造:梅沢建築構造研究所
施工:篠崎工務店

- 参考ブログ:
・「子供の家」
http://norisada.at.webry.info/201401/article_2.html
・「赤子の耳を馬鹿にするな」
http://norisada.at.webry.info/201301/article_1.html


Our recent residential project ORANGE is intended to realize a space where children can touch the raw world with their innate, pure sensitivity.
The concept has its root in my personal absorption in phenomenological and ontological spatial studies during college.
The strong interest came from my fundamental frustration and intuitive objection against the process through which a person – even though being born with limitless possibility about the ways to perceive, communicate and interact with and the world - gradually deteriorates to a stereotypical adult, or so-called “ordinary man” as he/she grows up. The answer seemed to be found in inquiry into human spatial recognition and its chronological change.
Instead of a lengthy abstract analysis, I would like to refer to one short movie titled "Sweet Baby Experiences Rain for the Very First Time" (http://bit.ly/1b5xUMO). What it shows is a striking evidence that pouring rain – just an ordinary, cold, mostly unwelcome phenomena – is nothing but a sparkling manifestation of the world-in-life, or rain itself, for a girl who experiences it for the very first time. Even an ordinary rain brings an ecstatic joy to a person, as long as he/she maintains the fresh sensitivity to the world, or the rain itself.
Architectural space should have such a sparkling singularity instead of mundane machine-for-living efficiency, and it shouldn’t be easily lost through its daily use,: my belief is that an architectural work should always bring about a chance to activate the sensitivity to the space itself.
ORANGE is a realization of the parents’ and our wish that the two children living there shall not lose their pure sensitivity for ever.

The snapshots photographed during the public preview has been uploaded at [http://bit.ly/U3BkaC]. As you can see in them, we have welcomed so many kids, who really enjoyed to touch, run and jump around, lie about, etc., all in the full flush of life – and thus verified that our intention has successfully come true.


画像

















画像










A final note: the irregular spatial form of this project, in fact, was almost a product of chance. It suddenly came into this world when one of our staff was playing with a heating cutter, rotating a lump of styrene form as he cut it. At that point, he had no intention at all to come up with a sophisticated architectural design. True absorption in an innocent play with chance, in fact, was where we found the right seed of ORANGE, or the House for Children

画像















1. Project Name:ORANGE
2. Architects(firm):ATELIER NORISADA MAEDA
3. Principal Architect:NORISADA NAEDA
person in charge :RYUJI SHIRAISHI
4. Structural Engineering:RYOZO UMEZAWA
5. Contractor:Shinozaki Building Contractor's Office
6. Character of Space:private residence
7. Client:Husband and wife and two children
8. Occupation of the Client:company president
9. Age of the Client: -
10. Each Floor Area(u):-
11. Total Floor Area(u):120.95u
12. Building Area(u):43.43u
13. Site Area(u):72.39u
14. Principal Materials: Waterproofed paint
15. Principal Structure:Steal
16. Location:Meguro,Japan
17. Cost:-
18. Photos:STUDIO DIO



Text:NORISADA MAEDA
Translation:SHINGO TSUJI(CHIASMA Factory)



■建築家 前田紀貞

【前田紀貞アトリエ一級建築士事務所 HP】



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
子供の家(ORANGE)竣工 前田紀貞の建築家ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる