前田紀貞の建築家ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新作:「空模様」で「外壁」をデザインしてみた

<<   作成日時 : 2013/04/13 13:25   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

埼玉県に新しく設計した住宅プロジェクト:【TORUS】についての解説です。
Following is a brief description of our recent project in Saitama prefecture, named “TORUS”.

■1階:ペットショップ構成
【TORUS】は上下の2層構造になっています。
Basic composition of TORUS is a bilayer structure consisted of a white, half-amorphous box floating on the lower layer softly surrounded by glass and perforated aluminum panels.
画像

















1階はアルミ有孔板で柔らかく囲われた領域として、ペットショップが入ります。
街を通りがかる人からその内部(店舗)の様子が風通しよく観察されることが望まれると同時に、有孔板の曲面壁で囲われた「ショップ」以外は「ドッグラン」として解放されており、これによって敷地全体をワンちゃんたちが自由に走り回れるようなしつらえになっています。
The transparency and the openness of this layer is a natural solution for the functional requirement to expose the presence of the salon to prospective customers and other passer-bys, as well as to open up the ground outside the shop area surrounded by the curved perforated partitions as "dog-run" field where dogs can freely run around.
画像












ちなみに、「1階の曲面壁のライン」を決定している理由は、都市に対して敷地が要求する「ウエルカムゾーン」です。
駐車場の為(の欠き込み)、エントランスの為(の欠き込み)、空調機置き場の為(の欠き込み)、、、、というように、「外に向かって開かれることを要求された場所」が赤の欠き込みゾーンとなり、
結果、1階の不整形なアルミ有孔板の壁ラインを作り出します。
The apparently free line of the curved wall is actually based on our careful recognition of what we call the "welcoming zones", i.e., the pocket areas required to open up to the urban context outside the building site. The cutting-outs of such zones as parking, entrance and spaces for outdoor equipment have resulted in the irregular curve of the wall as the output of such operations.

■2・3階:住宅(家)の構成
画像

















上部 2・3階(住宅・家)の設計は、1階の軽快感とは対照的に重量感あるマッシブな塊として、インドア派のクライアントを守る為の重装備をした戦車のような顔付きで宙に浮いています。
この壁面素材はフラットな工業製品のそれではなく、手作りの焼き物のような風情を持っています。
The upper unit containing two floors within presents a sharp contrast to the open, transparent lower layer with its weighty, massive appearance almost like a heavily-armed tank defending the rather indoorsy life of the client family. With a closer look, the surface of the wall shows a texture similar to a handmade pottery instead of that of a flat, uniform industrial product.
画像





















■テクスチャー:外壁

画像

















2・3階の建築の外壁は、壁面防水材を何層にも塗布した後、それが乾燥に至る前 即座にゴムベラで丹念に粗野に引き延ばしてゆく、という手法による風合いが選択されました。
また「近景のテクスチャー」だけでなく「遠景のテクスチャー」への配慮も成されています。
それは、
「空模様を壁面に映す」
という方法です。
The pottery-like texture is the result of painstaking manual operation of repeatedly applying and spreading the waterproof material onto the wall. Beside such a consideration to the close-up texture, the exterior of this second layer also involves our sensitivity to the longer-distance outlook of the building, which is realized by an operation of transcribing the sky onto the wall.

画像
























上の写真(PHASE:01)が、上棟日に撮影された敷地上部の「空模様」です。
下の写真(PHASE:02)は、その画像の「黒〜白のグラデーション」を「等高線図」に置き換えたものですが、この等高線図を実際に工事中の東西南北4面の壁面に墨を出してゆきました。
その後それに従って「モルタルの塗り厚」(0mm〜30mm)を厚みで塗り分けてゆき、自然から引用した「空模様のテクスチャー」を創り出したのです。

全体の印象としては、下の写真のようになります。あたかも、うっすらと雲がたなびいているような顔付きです。
The transcription process is as following: first, we took a picture of the sky right above the site on the day of framework completion (PHASE 1); the picture was then abstracted into a gray-scale gradation graphic (PHASE 2), which we applied as the contour map of the undulating surface by carefully duplicating it on the four sides of the wall; finally, we covered the surface with finishing mortar while controlling its thickness (varied from 0 to 30mm) based on the contour lines – and thus emerged the ambiguous cloudy sky texture.

The finished wall naturally takes on a feature of the sky with wispy clouds, as shown in the pictures below.


画像


















画像
































夜景
画像





























この手法によれば、通常の工業製品でやると“エッジが立ってしまう壁面のコーナー”も、粘土をこねたようにヨレヨレの線を実現できるようになります。
こんなエッジを持つように設計された建築は、そうはないでしょう。
The treatment of the exterior wall described above has allowed us to produce quirky and blurry edges on the corners of the floating box, which is obviously different from the familiar sight of sharp edges of building corners fashioned with usual industrial materials – and thus make this architecture stand out in the ordinary cityscape.
画像



























結果、このマッシブな塊が都市の中に浮く様は、空と同化してゆきます。自然の空ときっちりと分けられた建築があるのではなく、空に馴染むように輪郭がボカされてゆきます。
【TORUS】は、晴天よりも曇り空が似合うとすら思えてきます。
On a cloudy day, the floating mass looks as if it blends in with the sky, while its edges lose their individual materiality as they melt into the gradational clouds in the background. TORUS is probably a rare architecture that looks much better under clouds than clear sky.
画像


































■ 空間:吹き抜け(2・3階)
さて、次は2・3階の住宅(家)部分のマッシブな箱の内部です。あれだけ、都市に対して閉鎖的であった塊の内部へ徐々に入ってゆきます。
Let us move up into the massive floating box, which appears extremely exclusive of the surrounding urban context.
画像



























最初に待ち受けるのがエントランスです。ここは、外気や雨が吹き込む場所ではありますが、内部っぽい雰囲気もあります。
Beside the entrance door is a small pocket space: although it is still an open-air space, it somehow bears an indoor atmosphere due to the careful treatment of proportions and openings.
画像


























ここからいっきに住宅(家)の塊の中(室内)へ入ります。
Right inside the entrance door is a huge void within the massive box.

画像




































これぞ、【TORUS】というドーナツ状空間(内部が空洞)の空気です。
外観からは極度に閉鎖的な筈なのに、一旦、なかに入れば「外」とか「ストリート」と見まがうほどの「ザ=外」が待ち受けています。
内部が中空になって抜けているのです。「家なのに外!」なのです。
This is the particular atmosphere inside TORUS, a doughnut-like geometry with one big opening within. While the outlook of the building implies ultimate closure, it embraces a surprisingly voluminous space or “The Outside” almost mistakable for a street or a patio – which is actually a glass-covered interior void.

画像

































画像



































■テクスチャー:吹き抜け
さて、この「外の効果」を助けてくれているものには、巨大なトップライトがあることは無論のことですが、それ以外の隠し味として「ヤレた内壁」があります。
The prior factor of this “outside effect” is obviously the gigantic top light on the roof, but there is another, rather obscure one: the rugged interior wall finish.
画像















この恐ろしく味わいのある木は、そもそも、どこのホームセンターでも売られている安価な合板(3×6版)に過ぎません。
それを購入して幅20cmに切断してゆき、次にそれをベビーサンダーを使いつつある特殊な方法で木の柔らかい部分だけを削り飛ばしてゆきます。すると、木目の堅い部分だけが残ります。
残った木の表面には、水分(塗料)を吸う場所と吸わない場所がありますので、そこに、最後にフィニッシュとしての特殊塗装を施します。するとこんな風合いに仕上がるという訳です。
The material itself is actually an ordinary, cheap plywood panel available in any hardware store in Japan. To give the particular tactile quality to this daily material, we cut the panels into narrow boards of 200mm width each and then manually removed the soft parts from each and every board to let the hard grains stand out on the surface. With the finishing white paint (which needed a special preparation to evenly paint over the water-absorbing and non-absorbing portions of the surface), the ordinary material has been turned into a unique finishing material like this.

この極度に忍耐のいる作業は、私たち建築設計事務所のスタッフと建築塾の塾生たちによって、2ヶ月間かけて仕上げられました。本職の大工や塗装工にやってもらったら、一体、どれだけの労務費がかかったかわかりません……
遠目からの写真ではなかなかわかりませんが、このエイジング処理の壁に近づいてみますと、こんな荒々しい、それでいて味わいある表情で覆われていることがわかります。
This extremely labor- and time-consuming work was all done by our staff and the students of the private school led by the chief architect Norisada Maeda, and it took about two months to finish all the boards necessary to fill up the interior wall of the building (it is unimaginable how much it would have costed if the work has been committed to professional carpenters and the painters…).
The resulted difference may appear rather slight and obscure from a distance, but a closer look will show the rough, but also tasteful texture of the artificially aged wall as shown in the picture below.



画像


































汎用品としてカットされた工業製品の木は、多少の木目の違いこそあれど、非常に均質に並ぶことを自慢します。
いや、均質であることの「整頓された表情」を、現代の人達は望みたがります。でも、そういう「清潔感」「整理感」にこそ、今の建築を貧しくしている ひとつの理由があると僕達は考えます。
木には、例えそれが板であっても、ひとつひとつに個性があります。人がそれぞれに違った顔付きをし違った生き方をしているのと同じことです。
ですから、今回、【TORUS】では「ひとつひとつの木の“素性”を露わにすること」で、この住宅空間を創ってくれることに関与する木たちに敬意を表したのです。
General-purpose industrial materials like plywood panels usually require – or even boast of – ultimate evenness of their qualities, although they can never get rid of slight differences in, for example, their wood grains. It echoes with the contemporary consumers’ taste for orderly outlook of such evenly processed materials. We consider, however, such myopic taste for apparent cleanliness and/or orderliness as one of the big reasons for the qualitative poverty of today’s architecture.

Even the plywood boards have individual characteristics, like each and every human individual has different face and life history. The artificial aging treatment to expose the individual “wood” nature within each and every industrially-processed plywood is a sort of a manifestation of our homage to the wooden materials that make up the actual architectural space.



■終
・上部と下部の分節
・街からの欠き込み
・内部と外部の関係
・テクスチャーの発明

これらがすべて相まって、本当の意味で家に住まうこと、家を作ることの豊かさを計画した結果として、この【TORUS】が誕生したといえます。
As described above, the particular focus in TORUS can be summarized as following: clear-cut segmentation of lower and upper layers; “cutting-outs” of spaces from the surrounding urban context; unique treatment of inside/outside; invention of new texture treatment. TORUS has come to life with these considerations blended in together to realize the true richness of a residential space in the given context.



設計:前田紀貞アトリエ一級建築士事務所(担当:白石隆治)
構造:梅沢建築構造研究所
施工:岩本組(担当:堀井保広+黒澤健太)
英訳:辻真悟 (CHIASMA FACTORY)

-Planning & Architectural Design:
NORISADA MAEDA ATELIER (Project Manager: Ryuji SHIRAISHI)
-Structural Engineering:
UMEZAWA STRUCTURAL ENGINEERS
-Construction Works:
IWAMOTOGUMI Co.,Ltd.
(Project Managers: Yasuhiro HORII / Kenta KUROSAWA)
-Translation: 辻真悟
SHINGO TSUJI (CHIASMA FACTORY)


【TORUS】の:flickr画像
http://bit.ly/YOXuxf


■TORUSエイジング部隊・構成員

・部隊長:
 天久航一郎(前田紀貞建築塾8期生)

・隊員:
 松下健太(前田紀貞アトリエ一級建築士事務所)
 田中由美(前田紀貞アトリエ一級建築士事務所)
 尾茂田太(前田紀貞アトリエ一級建築士事務所)

 吉川学志(前田紀貞建築塾8期生)
 松井周(前田紀貞建築塾8期生)
 藤田農(前田紀貞建築塾8期生)
 上村尚弘(前田紀貞建築塾8期生)
 中山理沙(前田紀貞建築塾8期生)

 渡辺介(前田紀貞建築塾7期生)
 岩永陽輔(前田紀貞建築塾7期生)

 朝井達也(前田紀貞建築塾2期生)

 他






建築家 前田紀貞

【前田紀貞アトリエ一級建築士事務所 HP】


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた
新作:「空模様」で「外壁」をデザインしてみた 前田紀貞の建築家ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる